なぜ発生するのか

ほうれい線は、女性の見た目を老けて見せてしまうシワの1つです。多くの女性がほうれい線に悩みを抱えています。
ほうれい線の悩みを解決するためには、まずはほうれい線がどのようにして発生するのかどうかを知っておく必要があります。

ほうれい線は、鼻の両脇から口角に向かってできるしわのことです。肌の弾力が低下することによって発生するもので、一度しわが入ると戻りにくく、どんどんとしわが深くなっていきます。
鼻の脇から口角に向けて深く入ったしわは、時間が経つにつれてどんどんと深く刻まれていき、消すことはできません。

症状の進行を止めてほうれい線を消すには、専門の治療が必要です。
このほうれい線は、30代から50代の300人にアンケートした肌気になる所で第一位に選ばれており、30代を越えた女性が気にする一番の部分であるといえます。
いち早い対策によって、ほうれい線を消して若々しい顔を維持することができます

顔の皮膚にはコラーゲンやヒアルロン酸などの、体内の水分を保存するための成分がもともと内蔵されていますが、このコラーゲンやヒアルロン酸は年齡を重ねるにつれて失われていきます。
また、コラーゲンやヒアルロン酸は不規則な生活リズムや食生活、洗顔方法などによっても、減少していきます。

年齡による成分の減少をとめることはできませんが、美容に対する意識や生活リズムの改善によって、成分の減少を食い止めることができます。
たとえば慢性的に睡眠不足に陥っている方は、肌の衰えがどんどんと進行してしまいます。

人間の体は、睡眠時に様々な機能を回復させるのですが、睡眠不足に陥ると様々な体の回復する時間を設けることができなくなるため、肌の成分の回復も少なくなってしまいます。
しっかりと睡眠を取ることで、体に十分な回復期間を設けることができるので確実に肌を修復させることができます。

また、偏った食生活も肌に悪影響をあたえます。人間の体は自分が食べたものによって出来上がっていますし、体の健康や美しさを維持するためには、様々な栄養素が必要になります。
しかし、緑黄色野菜を摂らない、乳製品を摂らないといった栄養バランスの偏った生活を続けると、体が栄養素欠如となりその影響はすぐに肌に表れます。
そして、喫煙している方も注意が必要です。
たばこの煙には、ビタミンCを破壊する成分が入っており、たばこをよく吸う方はビタミC不足になっている可能性が高いです。
ビタミンCは肌のうるおいを保つために欠かせない、コラーゲンの生成を助ける働きを持った成分です。

しかし、喫煙によるビタミンCの破壊によって、コラーゲンの生成が止まってしまい肌の潤いを保つことができなくなります。
乾燥肌は肌の老化を進める大きな原因であるため、喫煙者はほうれい線や肌の衰えが非喫煙に比べて早い傾向があるのです。

また、洗顔方法にも注意が必要です。
洗顔をし過ぎると、肌の油分が失われてしまい乾燥肌の原因となってしまうのです。このように肌の衰えやほうれい線の発生には様々な原因が考えられます。